トレッカ.com×艦これ

トレッカ.comがお届けする艦これ専門ブログです。http://torecca.com/

艦これアーケード

今日から始める水雷戦隊 第1回(前編)

ごきげんよう、はじめまして。ゆのと申します。

八月作戦ランキングにおいては、惜しくも6位となりましたが、九月作戦において4位という成績を無事おさめ、甲勲章を手にすることができました。これも、皆さまのご声援あってのことと存じます。この場をお借りして、お礼申し上げます。

さて、先月の作戦においては、4-3実装後は最終日直前までリランカ島で戦果を稼いでおりました。その経験から今回は、敵艦隊の砲雷撃戦をいかに避けるかということについて解説していきましょう。

今月末より開始されるイベントにおいても、敵砲撃のサークルが多数確認されており、どうやって敵の砲雷撃を避けるかということが重要になると予想されます。簡単にではございますが、三本立てで回避方法を解説していきます。

 

一つ目:砲雷撃を集中させない

リランカ島空襲を経験された提督であれば、ご存じと思いますが、遠距離に入った途端に大きなサークルが配置されますね。

配置によっては、退路もなく回避不能な状態に展開されてしまい、開幕直後より数隻大破という事態に直面される提督も少なくないと存じます。

まずはこれを回避する練習をしていきましょう。

リランカ島ではハードルが高すぎるという方は、3-4道中戦一本目の重巡以下で編成された敵艦隊で練習してみましょう。

まず敵艦隊の射撃圏内に入る際には45度を意識して、艦隊速度を一杯にしたまま内側へと旋回していきます。その後、射撃圏内に入る少し手前で第二~四戦速(お勧めは第三戦速)へと落とし、さらに旋回。成功すればこのような感じで、サークルがばらけてくれます。

img_2246

 

次に、敵射程内に突入後は、敵の砲撃の前兆(砲撃音や敵のリロードの終了)があった際に第三~四戦速程度に落とし、旋回。サークル位置を確認して、突破口があればそこに向けて、一杯で駆け抜ければ多くは回避できます。

img_2247

(敵の砲撃前兆を確認後、旋回した後の写真)

 

img_2248
(その後のサークルの出現位置。敵砲撃のサークルは前兆時の進行方向に置かれることが多いので、このようにあらかじめ旋回しておくことで、突破口を見つけやすくなります)

 

二つ目:夾叉弾

夾叉と聞くと、主砲の狙いを失敗して、外した時に出る無意味なものと思われている提督にお会いすることもありますが、これも立派な回避手段です。

まずは、夾叉と至近弾の違いについてご説明いたします。夾叉とは主砲の弾が敵艦隊を挟むようにして、水面に着弾した状態のことを言います。大まかな座標は合っているが、有効射にならなかったという意味ですね。

次に、至近弾は直撃しなかったものの近くの水面に着弾し、衝撃波や水柱で被害を与えた状況です。とは言ったものの、細かい設定は艦これには実装されていませんので、主砲で惜しかった射撃が夾叉弾、副砲で惜しかった射撃が至近弾という覚え方で問題ありません。
被害状況からゲーム内での影響度は、実は至近弾>夾叉弾となっています。

副砲を積んでいれば、もちろん至近弾をどんどん狙っていきたいところですが、軽巡では装備を1スロット削って副砲を積まなければなりません。また、駆逐だけとなると撃つこともできません。そんな時には、この夾叉弾をどんどん使っていきましょう。夾叉弾が狙った通りでれば、敵艦隊の抜けられないはずのサークルを抜けることができます。もちろん、副砲を打ち尽くした後に使うのもありです。

img_2249
(主砲を撃ち、夾叉弾が出る前)
img_2250
(夾叉弾でサークルをキャンセル後、無事にサークルを抜け出した所)

 

さて、次はどうやって狙って夾叉弾を撃つかという話になります。

これは主砲発射時のレティクル(縮む円)が照準サークルの一番外側の円より広ければ、ほとんど夾叉弾になります。簡単ですね。

難しいのは夾叉弾にする砲撃のタイミングです。夾叉弾は至近弾や命中弾とことなり、着弾まで誤差があります。その上、至近弾と違い、敵艦隊が動揺する時間も短いため、どのタイミングで射撃して、夾叉弾による敵攻撃キャンセルをどこに持ってくるかというのが重要になります。

着弾までの目安としては各距離のラインを基準に

遠距離で6秒
中距離で4秒
近距離で2秒

程度です。ちなみに敵艦隊に近づきすぎた際に表示される破線のサークルに触れている距離であれば、ほぼその瞬間に発動します。

では、ちょっとここで簡単なクイズです。先ほどの例で紹介した画像は夾叉弾が発動するまで何秒かかったでしょうか?

もう一度画像を貼りますね。

img_2249

正解は次回、明日掲載の記事の続きにて、発表したいと思います。

 

執筆者情報
提督名:ゆの

本能の思うままに生きている。そんな生活。
Twitter:@mizunashikitune
9月作戦→6位
10月作戦→4位

 

トレッカ艦これのページに戻る

-艦これアーケード