トレッカ.com×艦これ

トレッカ.comがお届けする艦これ専門ブログです。http://torecca.com/

艦これアーケード

北方海域艦隊決戦 第二回 オススメ編成による海域攻略 重巡主体艦隊編②

TETORIUMです。今回は北方海域艦隊決戦 第二回 オススメ編成による海域攻略 重巡主体艦隊編②として、前回の重巡主体艦隊編①で説明した編成、装備を基にした艦隊による海域攻略例を解説していきます。

まず復習となりますが今回の旗艦は重巡と射程が同じであり速度も速い軽巡を採用します、軽巡洋艦であれば何でもお好みの艦で大丈夫です。

次に2〜6番艦に重巡洋艦を入れますが、5隻入れる場合は北方海域艦隊決戦ボス艦隊の航空攻撃を船速一杯でも単縦陣では避けきれないことがあるので作戦開始時などに複縦陣にしておきましょう。今回は単縦陣でも戦闘時の航空攻撃を避けれるように旗艦以外にもう一隻軽巡洋艦を入れ、残り4隻を重巡洋艦で編成します。これらも重巡の中からお好みの艦で大丈夫です。

今回私が攻略例として使う艦は旗艦から順に以下の通りです。

 

木曽改
五十鈴改
古鷹改
加古改
利根改
筑摩改

img_2897

 

ステータス向上の観点から基本的に改カードがあればそちらを使いましょう。

では実際の攻略例に移ります。重巡艦隊の場合、道中戦を安定して攻略できるのであれば道中艦隊を倒すか、0戦ルートを通るかは提督次第ですが第二回記事では0戦ルートでの攻略例を解説します。
今回は道中0戦ルートを用いますのでボス艦隊との戦闘に入る際は戦闘離脱艦が出ないように戦速を調整しましょう。

img_2898
戦闘開始後まず敵艦隊の航空攻撃が飛んでくることが多いですが攻略例の編成以上の速度の艦隊であれば単縦陣でも船速一杯で敵航空サークルから抜けることができますので敵艦隊に直進して構いません。

img_2899

 

重巡の代わりに水上機母艦などを入れて艦隊の平均速度がこれよりも遅くなってしまっている場合や、まだ北方海域艦隊決戦のボス戦闘に慣れていない場合は戦闘が開始するまでに陣形を複縦陣に変更しておきましょう。航空攻撃だけでなく敵艦隊の砲撃等の攻撃も避けやすくなります。

次に中距離に入る際に副砲が撃てるようになりますので副砲を撃ちながら敵艦隊に近づいていきます。中距離から近距離に入るあたりの間に艦隊を敵艦隊に対して同行戦になる方向に回頭し、魚雷を敵艦隊に打ち込みます。

img_2900

 

次に自艦隊が横向きになったあたりで同行戦か丁字有利になるように調整し、砲撃を行います。砲撃後、砲撃前に撃った魚雷が当たる頃合いになると思います、魚雷が当たる際は敵艦隊に対して丁字有利をとれている場合の方が敵艦隊に与えられるダメージが大きいので魚雷が敵艦隊に当たる際は丁字有利をできるだけとれるように艦隊を動かしましょう。

img_2901

 

また砲撃を撃ち込んだあとの主砲のクールダウンの間に副砲や魚雷を打ち込むと無駄がないと思います。敵艦隊の攻撃に関しては航空攻撃は船速一杯直進で敵航空サークルに入らないようにしましょう。砲撃に関しては敵砲撃サークルがくることがわかったら即座に船速を原速、または2.3速まで下げ、敵砲撃を抜けられる・または避けられる方向に操舵してから船速一杯で大体敵砲撃をかわすことができます。

このように戦闘を行えば敵艦隊を昼戦で倒し切ることも珍しくなくなると思います。もし倒しきれなかった場合は、夜戦で残った艦を撃破しS勝利を取りましょう。

img_2902

これが重巡主体の艦隊による北方海域艦隊決戦攻略例になります。次回は水雷戦隊によるオススメ編成と装備について解説する予定ですのでその時またお会いしましょう。

執筆者自己紹介

提督名:TETORIUM
八月作戦ランキング1位甲勲章取得
艦これアーケードランキング家具勲章コンプリート
艦これアーケードwiki『艦らぼ』のメンバー
Twitter @TETORIUM_kanAC

-艦これアーケード