トレッカ.com×艦これ

トレッカ.comがお届けする艦これ専門ブログです。http://torecca.com/

img_1296

艦これアーケード

新海域 リランカ空襲攻略記事(中級者編)

2016/09/22

こんにちは!
前回に引き続き、新海域のリランカ攻略について書かせていただきますMyStarです。

前回の記事では、初級者向けオススメ編成、攻略方法について書かせていただきました、
今回の記事では中級者向けのオススメ編成、攻略について書いて行こうと思いますので宜しくお願い致します。
さて、新海域のリランカに慣れてきて、ひとまず新艦のノーマルを入手できた!という方も増えてきていると思います。
そうしたら次は新艦の改が欲しくなっちゃいますよね。
新艦の改を入手するためには、編成に入れて出撃しなければなりません。
それでは、新艦の改を狙いながらリランカを攻略するための編成について考えて紹介していきましょう。

☆中級者向けオススメ編成☆

【構成】
[パターン1]
重巡1隻+空母2隻+新艦1隻+戦艦2隻

[パターン2]
重巡1隻+空母4隻+新艦1隻

どちらの場合でも重巡を2隻入れることになりますが、ここではあえて重巡と新艦と表現を分けております。

というのも、レベルがまだ低い新艦を2体以上入れて、火力不足でS勝利を逃すというパターンで詰まる、という方が結構いらっしゃるからです。

リランカだから新艦を入れる、ということ自体は間違ってないですが、編成に入れる新艦の数は一考の余地ありです。レベル30以下の重巡を3隻以上入れてクリアするのは、相応のプレイスキルが必要です。腕に自信があっても、まずはせめて新艦は2隻程度にして、交互にレベリングしていくという手段を取ることをオススメします!

この記事では、レベル50前後の重巡1隻に、レベル一桁程度の新艦1隻を想定しています。

では、艦種ごとの使い分けについて。

【重巡(新艦含む)】
パターン1、パターン2の両方で旗艦を務めます。
前回の記事でも紹介させていただきましたが、最上三隈が第一候補としてオススメします!
なお、鈴谷熊野でも十分に旗艦は務まります。レベルが低い艦の場合、旗艦大破は怖いので、旗艦が隊列の真ん中に来る複縦陣の場合は注意が必要です。装備は万が一の頼みとして、副砲をメインにすることをオススメします。

【空母】
前回の紹介同様、使用する空母2隻の組み合わせは飛龍+蒼龍飛龍または蒼龍のどちらか+赤城がオススメです。
慣れてきたという方は速力が落ちますが、飛龍または蒼龍のどちらか+加賀や、赤城+加賀を使ってみるのもオススメです。
理由としては飛龍や蒼龍に比べて赤城加賀の方(特に加賀)が艦載機を多く積めるので、航空攻撃のダメージアップが期待できます。

赤城・加賀を使う場合は、戦闘離脱に注意です。旗艦の速力が35ノット前後で、速力一杯にすると、途中で道中戦をしない限りはほぼ必ず赤城(加賀)はいったん戦闘から離脱します。通常は戦闘離脱を未然に防ぐための航空攻撃による陣形リセットが有効ですが、この海域においてはオススメしません! (理由は後述)

同様に、速力一杯を必要とする道中0戦ルートも、慣れない限りはオススメしません。道中に時間をかけても、ボス戦に専念をする方が、海域周回は安定します。

【戦艦】
金剛型、長門型がドロップするのでパターン1は金剛型2隻または金剛型1隻+長門型1隻をオススメします!
なお、空母に加賀を入れる場合は艦隊速度を下げないために金剛型2隻をオススメします。

装備については前回同様、46㎝三連装咆を最低でも1本ずつは装備しておきましょう。

 

【道中について】
鬼門となるとしたら、敵潜水艦の先制魚雷でしょう。

先制魚雷については、会敵した際に敵潜水艦が見えているかどうかで発生するかどうかが決まり、陣形と交戦状態によって開幕時の魚雷との位置が決まります。単縦陣でT字不利の場合は、相当厳しい距離から撃たれます。場合によっては2発以上の魚雷を受けて旗艦大破撤退となりかねません。

潜水艦との会敵が避けられないと思う場合は、複縦陣をオススメします! ただし、レベルの低い新艦を旗艦にする場合は、旗艦の被弾のリスクは若干上がるので、留意が必要です。

3パターンあるマップの敵初期配置を覚えているのであれば、単縦陣でも良いかと思います。しかし、かわしたと思ってたところが、いきなり接触→先制魚雷というパターンは十分にあり得るので、念頭に置いておいてください。

また、空母は30秒に1回しか敵に攻撃(航空攻撃)出来ません。
しかも、攻撃する度に相手の対空装備によって艦攻、艦爆等などが減ってしまうので、敵主力艦隊以外に航空攻撃をすることはしないようにしましょう。
なお、空母に装備させる装備は流星改彗星一二型甲をメインに、紫電改二烈風を少数装備さておくと良いでしょう。
烈風、流星改等などの開発レシピについては各々のページを参照願います。

 

【ボス戦について】
この海域で苦戦する一番のポイントは、タ級フラグシップの攻撃を避けることでしょう。

超長距離を維持しない限りは、開幕の一発を避けても、いずれどこかのタイミングでタ級の攻撃に捕まります。(全て避けられる方は上級者の仲間入りをしていると思います)

そこで、ここでは一番簡単なリスク軽減策をお伝えします。

通常、タ級の攻撃はサークル3つで照準をつけられますが、これを意図的に2つに減らすことができます。

その方法は、随伴艦を3隻以上撃滅することです。

img_1296

随伴艦を3隻以上撃滅していれば、開幕からサークルは2つに減ります。

一番簡単な方法は、十分な艦載機数を保ち、航空攻撃を行う、ということでしょう。

そのためには

(1)できれば赤城・加賀という搭載数の多い空母を使用する。

(2)赤城・加賀が戦闘離脱にならないように留意する。

この2つが大事になります。

特に2つ目が大事で、赤城・加賀が参加していない状態での航空攻撃は(当たり前ですが)威力が半減します。

というわけで、道中、敵を振り払うために無理に速力を上げることはオススメしません。速度調整による陣形の乱れ解消や、ボスに対して航空攻撃を2回できる場合は、その限りではありませんが、赤城・加賀を隊列に戻すためにボスに航空攻撃を仕掛けるというのは本末転倒だということを覚えておいてください。

なお、レベルが低い艦を増やす程、決定力不足になりやすいので、せめてボス戦は陣形を単縦陣にして火力の維持に務める方がベターです。航空攻撃が発着する直前に変えれるのがベターでしょう。

【追撃戦について】

また、通常海域をS勝利することができても、追撃戦でS勝利をとることがなかなか難しいと思います。

その理由は

(1)追撃戦ではflagshipタ級が1体増え、計3体になる

(2)追撃戦は輪形陣のため、相手の対空が高く、航空攻撃1回では随伴艦が一掃しにくい

(3)そもそも随伴艦の駆逐が減り、重巡が増えている。

追撃戦でS勝利をとるためのコツとして、まず1つ目は通常作戦以上に空母に艦攻・艦爆をたくさん装備しましょう。
2つ目は敵の砲撃サークルに入る前に主砲を副砲に切りかえて連発しながら至近弾確認で敵攻撃を止め、少しでも敵主力艦隊の体力を減らすことによってS勝利が見えてくると思います!

なお、このために副砲は4本以上装備しましょう。艦隊で所持(装備)している副砲の数が増える程、弾数が増え、リロードのスピードも上がります。

 

それでは、このへんにて終わりにさせていただきます。
また書かせてもらえる機会がありましたら書かせていただきますので宜しくお願い致します。

執筆者自己紹介

提督名:MyStar
7月作戦ランキング 16位、
8月作戦ランキング 52位の乙、丙提督の取得者。

艦らぼwikiのメンバー。
たまに秋葉原、池袋に出没いたします。

Twiterやってます↓
mystar_1010

記事を書くことの大変さを痛感しましたが、艦これアーケードの提督のモチベーション維持になれば良いなとおもいます。
これからも宜しくお願い致します。

-艦これアーケード